阪急嵐山線

戻る
メインターミナル EXPRESS喫茶エクスプレスEXPRESS DIARY

阪急嵐山線
会社名 阪急電鉄 嵐山線で活躍を始めた6300系/松尾〜上桂
路線名 嵐山線
区間 桂〜嵐山
営業キロ 4.1km
駅数 4駅
平均駅間距離 1.37km
所要時分 7分
表定速度 35.2km/h
軌間 1435mm
電気方式 1500V直流電化
線路 単線
保安方式 ATS
最高速度
最大編成両数 6両

【阪急嵐山線ガイド】

 阪急嵐山線は京都の一大観光地である嵐山と阪急京都本線の桂を結ぶ4.1kmの路線で1928年に開業した。開業当初は複線で、嵐山駅は6面5線を有する大ターミナルだった。しかし、戦時体制により不要不急路線となり、単線化されて現在に至っている。京都の中でも有数の観光地である嵐山を終点に持つだけあって、春や秋の行楽シーズンには行楽客の輸送で賑わっている。かつては行楽シーズンになると梅田からの直通急行(嵐山急行、嵯峨野エクスプレスなど)が運転されていたが、2001年3月24日のダイヤ改正により桂が特急停車駅となり、嵐山方面へのアクセスがよくなり、ダイヤ上でも臨時急行を運転する余裕がなくなったので直通電車はなくなった。しばらくの間は行楽シーズンに6両編成の普通が増発されるのみになっていた。2008年秋から阪急が嵐山への観光誘致に力を入れ出し、それに伴い、当初は試行的に神戸線、宝塚線からの直通臨時列車を嵐山まで運転した。その後も継続的に臨時列車は運転され、2010年春シーズンからは神戸線からの直通列車が直通特急、梅田、河原町発の嵐山行き臨時列車が快速特急として運転されるようになり、2011年5月14日の京都線土休日ダイヤ改正で、これらの臨時列車が行楽シーズンを中心に運転されることになった。高速神戸、宝塚からの直通特急に加え、大阪市交堺筋線の天下茶屋からの直通特急の運転も行われることになり、臨時ダイヤでは最大3本の直通特急が運転されるようになっている。これに加えて梅田発の快速特急、河原町発の快速特急も運転される。

(かつら)
2面2線の上桂 戦前は複線だった嵐山線
上桂(かみかつら) 上桂−松尾間
松尾(まつお) 松尾〜嵐山間
嵐山(あらしやま)

行楽シーズンには6両編成が運用される嵐山線/桂 嵐山線電車は桂では1号線から発着している。京都線は2号線から5号線までを使用しており、京都線との乗換えには連絡橋もしくは地下の連絡道を使うことになる。1号線の対面にはC号線と呼ばれる入庫線がある。桂を出ると単線となって高架線を駆け上がる。高架線は複線分あるが、これは戦前嵐山線が複線だった名残である。戦時中に資材供給ということで線路が没収されてしまったのである。高架線を左にカーブしながら走り、左手下に桂車庫を見て、京都線と離れていく。国道9号線と交差して、地平に下りて2面2線の上桂に着く。上桂周辺は住宅地になっており乗降客は普段から多い。上桂を出て、複線敷の中を単線で進み、緩く右にカーブして2面2線の松尾に着く。西側に松尾大社があり、東側には桂川の河川敷が広がっている。嵐山ほどの行楽地ではないが、同駅付近も行楽シーズンには様々な行楽客で賑わっている。松尾を出るとしばらく真っ直ぐ走る。緩く左にカーブして広い空き地の中に3面2線のホームが現われ、終点の嵐山に着く。嵐山はかつては6面5線の大ターミナルだったので、今でも構内は広く、かつての威光を感じることができる。駅前広場はかなり広く、行楽客が集中する時期でもある程度余裕を持って捌けるようになっている。駅の北側を桂川が流れており、有名な渡月橋を渡って対岸に京福嵐山がある。JR嵯峨嵐山はさらに離れている。付近は一大観光地になっており、シーズン中以外でも観光客は多い。


嵐山 松尾 上桂
普 通


阪急嵐山線ダイヤ 2007年3月17日改正現在
始発列車 下り 嵐山発5時10分桂行
上り 桂発5時00分嵐山行
時間帯 種別 運転区間 下り 上り
早朝 桂発着5時台 普通 嵐山−桂 3本 3本
桂発着6時台 普通 嵐山−桂 4本 5本
朝ラッシュ時 桂発着7時台 普通 嵐山−桂 6本 6本
桂発着8時台 普通 嵐山−桂 5本 6本
桂発着9時台 普通 嵐山−桂 5本 5本
データイム 10時台〜16時台 普通 嵐山−桂 4本 4本
夕方ラッシュ時 17時台 普通 嵐山−桂 5本 5本
18時台 普通 嵐山−桂 6本 6本
19時台 普通 嵐山−桂 6本 6本
夜間ダイヤ 20時台 普通 嵐山−桂 6本 5本
21時台 普通 嵐山−桂 3本 4本
22時台 普通 嵐山−桂 5本 3本
23時台 普通 嵐山−桂 3本 3本
最終列車 下り 嵐山発23時51分桂行
上り 桂発23時42分嵐山行


長らく嵐山線で活躍を続けてきた2300系/上桂〜松尾間 09年春に運転された天下茶屋行き臨時列車/嵐山〜松尾間
 かつて嵐山線で活躍していた2300系。行先表示板を付ける最後の2300系ということでも注目されていたが、6300系の投入により嵐山線からは姿を消している。  09年5月16日、17日に運転された天下茶屋〜嵐山間の臨時列車。一連の神戸、宝塚方面の列車とは運転時期が違い、堺筋線直通40周年記念として運転された列車だ。2週に渡って4往復運転される予定だったが、新型インフルエンザの影響で運転は2往復にとどまっている。
08年秋に運転された西宮北口行き嵐山臨時/桂 09年春から嵐山線で運用される6300系4両編成/上桂
 08年秋に運転された神戸本線直通の臨時列車。西宮北口〜嵐山間に運転された列車で、宝塚本線を介して梅田駅でスイッチバックする形で運転された。09年春にも運転され、宝塚本線直通や神戸高速鉄道直通なども運転されている。  嵐山線でお披露目を行った時の6353F回送列車。6300系は現在嵐山線定期列車の主力車両となっている。
行楽シーズンには8300系6両編成が助っ人として運用される嵐山線/桂
 09年ゴールデンウィークに運転された河原町〜嵐山間の臨時列車。桂でスイッチバックを行い運転された。停車駅は河原町から烏丸、桂、上桂、松尾、嵐山となっている。 行楽シーズンには8300系6両編成が助っ人として運用される。また、行楽期には土休日を中心に増発が行われ、毎時6本の運転となることが多い。
09年秋に運転された宝塚行き嵐山臨時/松尾〜上桂間 堺筋線相直40周年を記念して運転された市交66系による天下茶屋行き臨時/松尾〜上桂間
09年秋に運転された神戸線〜今津線経由の宝塚行き臨時列車。この他に高速神戸行きも運転されており、十三の引き上げ線でスイッチバックする形で運転されている。10年春以降は行楽シーズンに定期的に運転されることが発表されている。 09年12月に運転された阪急・大阪市交相互直通40周年を記念した臨時列車。大阪市交66系が初めて嵐山線に乗り入れた。10年春以降も堺筋線直通の臨時列車の設定が検討されており、66系の乗り入れも見られるかもしれない。


3月の運転開始からしばらく快速特急嵐山行きとして運転された京とれいん/上桂〜松尾間

6300系快速特急京とれいん

3月19日の運転開始からしばらくの間快速特急嵐山行きとして運転された6300系京とれいん。春の行楽シーズン中である5月8日まで梅田〜嵐山間で運転されていた。